原則保証人不要だが保証人なしではお金を借りることが難しいケース

銀行でも消費者金融でも、カードローンなら保証人不要でお金を借りることが可能です。ただし、保証人が必要になるケースもあり、また、保証人不要であることが必ずしもメリットばかりではないこともあります。

<高額融資>
お金を借りる際に保証人が必要になるのは以下のケースです。まず、高額な借入を希望する時です。住宅ローンやマイカーローンなど高額な融資を受けたい場合は、保証人を求められるケースが多いです。特に銀行のローンは、低金利という魅力がある反面、保証人を必要とする場合が多いので注意してください。ただし、最近は無担保ローンも増えています。連帯保証人を立てなくても、本人の収入や過去の借入実績によって高額融資が可能なこともあります。

参考:価格.com - 住宅ローン審査|プロが教える!これだけ押さえれば大丈夫

<未成年者>
未成年者がお金を借りる場合は、必ず保証人が必要です。というより、基本的に未成年者は金融会社でお金を借りられないと言った方がよいでしょう。例外として親権者の同意書があれば借入可能という場合があるだけです。たとえば学生ローンがそうですが、親権者の同意なしに利用できることはまずないと思われます。しかし、未成年でもすでに結婚している場合は、成人とみなされキャッシング可能なこともあります。もちろん金融会社の判断によるところが大きいため、確実とは言えません。

<収入のない専業主婦>
専業主婦がカードローンに申し込む場合も、基本的には保証人が必要になるでしょう。そもそも貸金業では年収の3分の1を超える金額を貸すことはできません。ということは、収入が0円の専業主婦は貸金業者からお金を借りられないということになります。ただし、配偶者貸付により利用できる場合もあります。ただし、その名前からわかる通り、配偶者の収入をもとに審査される方法ですから、配偶者の同意書と結婚している事実を証明する書類の提出が必要です。厳密には配偶者が保証人になるのとは違いますが、事実上は配偶者に保証人になってもらってお金を借りるとイメージしてください。

参考:お金 借りる110番

<保証人不要のデメリット>
保証人不要でキャッシング可能な場合も、デメリットになり得ることがあります。それをよく理解してから利用してください。まず、返済できない時に誰も助けてくれない可能性があります。また、保証人不要と言いつつ、実際は保証会社の保証付きというケースも多いので、その際の保証料が余分にかかり、金利が高くなってしまうこともあります。加えて、保証人不要の場合、「本当にお金を貸して大丈夫な相手なのか」と通常より審査が厳しくなるものです。保証人不要だからといって、必ずしもお金を借りやすいわけではないことに注意してください。

参考:「保証人不要物件」のメリットとデメリットを知ろう


△ Page Top