日本国籍を持たない外国人が消費者金融でお金を借りるには

日本の国籍を持たない外国人でも銀行や消費者金融でお金を借りることは可能です。ただし、利用条件は日本人より厳しくなっています。

<外国人が申し込む時に必要な書類>
日本人でも外国人でも、金融会社からお金を借りる時には運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の提出が必要です。外国人はこれに加えて在留カードや特別永住証明書が必要になります。これらは日本への在留が正式に認められていることを証明する書類ですが、それだけ金融会社は外国人にお金を貸すことに慎重になっています。したがって、短期間だけの滞在の旅行者は利用できません。

<勤続年数が重視される>
在留カードや特別永住証明書があれば、あとは日本人の申込者を審査する時と基本的には同じです。ただし、継続した安定収入は当然として、外国人の場合、職場での勤続年数が重視される傾向にあります。「お金を返さないまますぐに帰国されてはたまらない」と警戒しているためでしょう。

<日本語の能力が条件になることも>
上記の条件を満たせば、外国人でもお金を借りられる消費者金融は多いですが、なかにはほかより厳しい条件を掲げるところもあります。たとえば、日本語をちゃんと話せることを条件にしているところはわりとあるようです。ちゃんと契約内容を理解できるかということを重視しているのでしょう。


△ Page Top