ギャンブルのためにお金を借りる人はギャンブル依存症

ギャンブルのためにお金を借りるようだと、それは非常に危険な兆候です。すでにギャンブル依存症に陥っている可能性が高く、そのままの状態では自分と家族の人生を破壊してしまいます。

<これに当てはまる人はギャンブル依存症>
自分のお金を全部使い果たしても、それでもなお、人からお金を借りてまでギャンブルを続ける人はギャンブル依存症と考えてよいでしょう。そのうえ、「常にギャンブルのことを考えている」、「ギャンブルのために嘘をつく」、「ギャンブルで失ったお金をギャンブルで取り返そうとする」という状態に当てはまるとすると、それはWHOでも「病的賭博」と認められた完全なギャンブル依存症です。

<自分で病気だと認められるかがポイント>
アルコールやドラッグの依存症も怖いですが、ギャンブルの場合、いくら負けても肉体的にダメージを受けないところがより怖いところです。自分で歯止めをかけることができず、たとえ家族に泣きつかれてもギャンブルを優先してしまいます。自力で治すことは不可能なので専門の医療機関を受診するしかないのですが、問題は当の依存症患者が自分がギャンブル依存症だということを認めたがらないことです。病気になってしまったことに責任を感じる必要はありませんが、病気だと認めるか否かは当人にかかっています。正直に自分がギャンブル依存症だと認めることができて、ようやく治療が始まるものだと考えてください。


△ Page Top